フラット35審査落ちた理由は調べるな!

フラット35審査落ちた理由

フラット35審査落ちた理由は何が悪いの?

フラット35審査は、1回受けると5年は再審査が難しくなる慎重に取り組むべき住宅ローン。

よくあるフラット35審査に落ちた後に考えてしまう不安は以下のような内容。

返済額を見直すべきなのか?

個人情報に問題があるか確認をするべき?

少しでも可能性が上がる方法があるならやりたい!

今から金融機関を探す前にチェックすることがあるのか?

実際に、会社の勤続年数も3年以上であれば、一般的にはその他の条件は審査にあった内容かどうかのみ!

審査期間が長いという悩みについてもご紹介しています。

フラット35審査期間が長いからこそ注意すべき事

私のサイトは、フラット35審査に落ちた,通らないという悩みを抱える方に少しでも利用の上で通りやすい,リスクの少ない方法をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

フラット35審査落ちた理由というのは、調べる価値がありません。

この根拠を以下の内容でご紹介していきます。

フラット35審査に落ちた理由はあなたではない!

フラット35審査に落ちら理由は次の審査に影響あり?

フラット35審査に落ちた理由より大切な住宅ローン審査通過のコツ

以上の内容についてご紹介していますので、あなたの住宅ローン審査通過の逃げ道を探す方法として参考にして下さい。

フラット35審査落ちた理由候補

フラット35審査に落ちた理由は年収でも勤続年数でもない

フラット35審査に落ちた時、多くの方はこんな風に考えます。

・年収が低いせい?

・勤続年数が短いから?

・過去の滞納や遅延が響いた?

・借入金の負担率や金額の計算が甘い?

こうした事情は、主に銀行サービスにおける住宅ローン審査の落ちた理由探しならほぼ正解に近いケースもあります。

しかし、フラット35審査に落ちた理由には、こうした事例よりも全く関係ない事が原因。

それは、「35年間の資産価値が審査に落ちた最大の理由」。

つまりは、資産価値が35年間の貸し出しに値すると判断されていないから。

これが最大の理由となります。

フラット35審査に落ちた理由で絶対にしてはいけない行動!

フラット35審査に落ちた時、理由探しのために、個人情報データを取り寄せる。

この行動だけは絶対にやめて下さい。

いくら金融機関に問い合わせても教えてくれない。

個人情報という扱いで、自分の情報なのに教えてくれないのはおかしい!

こう感じる声も多いと思う。

私も実際に銀行の担当者に厳しく扱うべき対象が違うのでは?

こう個人の情報の価値を何に置き換えてるのかと審査に落ちた後は相談した。

個人情報を閲覧してる行為そのものが以下のように錯覚される。

何か隠してる。

聞いていた内容以外に何かリスクの高くなるような事情を抱えてる。

もしかしたら、契約を後に解約する可能性もあるかもしれない。

クレジットカード等の条件も何か出てくるかもしれない。

何もなくてわからないからもしかしたらと思って慎重に検討したいからこそ、知らない事を教えてくれとする希望。

この意図はそのままは伝わらないのです。

フラット35審査に落ちた理由本審査基準

しかし、融資はあくまでも物件と土地の価値が実際には本審査の状況では非常に強くみられる。

これが、変動金利等の銀行の独自サービスではなく、フラット35の状況はさらに強まる。

申込における収入的には借り手で見ても良いと思ってる。

ただ、申込み後の本審査になると、基準として資産価値は大きく問われる。

その理由は、フラット35そのものが国の管理するサービスであること。

財務省等が持っている権限を行使する。

あくまで銀行の店舗や社の方針だけで決定が出来ない。

これがフラット35における事前審査と本審査の決定的な違い。

事前審査では契約前に返済負担や信用情報の簡単なチェックで可能、不可能の決定。

本審査は、返済の費用が通っていても、実際に記載された住宅ローン相談に用いた担保となる商品価値を言われる。

だから遅れが多いのもこのフラット35の商品の特徴。

こうした際に、銀行では民間への委託をすることで地元の最低現確保できる毎月の市場で提供された情報の範囲で対応可能となる。

この違いは、別に勤務先とかそんな項目ではない。

あくまで住宅金融支援機構というお国の管轄でokを出すかどうか?

たったこの程度でも無理と言われたら、終わり。

ですから、自分が無理かもと思っても通ってしまったと言ってるケースもある一定の割合で存在するのはこういう状況。

しかし、これは最初から一般的な公開情報を見ただけでは、基本的にはわからない事ばかり。

 

フラット35審査に落ちた理由と次への影響

フラット35審査に落ちた理由と住宅ローン審査の影響

住宅ローン審査を受けるのは、住宅購入が主たる目的。

フラット35審査に落ちた理由は、他の住宅ローン審査を受ける上で影響があるのか?についてご紹介していきます。

フラット35審査に落ちた理由が与える他の住宅ローンへの悪影響

フラット35審査に落ちた理由は、他の住宅ローン審査に影響するのか?

この点は、2つ考え方があります。

・住宅ローン審査を受けた経験としてのデータが残るという実態

・住宅ローン審査を受けた経験の中でもフラット35であるという見解

それぞれの意味が全く異なります。

住宅ローン審査のデータとは?

住宅ローン審査は、フラット35でも銀行のローン審査も同じデータにアクセスをします。

よって、住宅ローン審査に何月何日に閲覧され、審査結果が落ちたという履歴は残ります。

この点は、住宅ローン審査におけるデメリットという認識で間違いありません。

名義が最初から同じ人である以上、当然審査機関側では、2番、3番と後ろのほうがさらに慎重になる。

もう1つは、フラット35では落ちた!という見解に価値がある。

この点では、住宅ローン審査においては、一般的な審査とは異なるフラット35。

という事で、住宅ローン審査に悪い影響があるという内容的には低いデータとなります。

この2つが、フラット35審査に落ちた事による影響となります。

 

フラット35審査落ちた理由問わず通すコツ

フラット35審査に落ちた理由を問わず審査通過のコツ

フラット35審査通過を望めなかった時、今後の住宅ローン審査は最後の砦と考えるべきなのです。

フラット35審査に落ちた理由問わず住宅ローン審査全体の見方

フラット35審査に落ちた理由を問わず、住宅ローン審査は、落ちた経験が増えれば増えるほどリスクになります。

つまりは、通るはずの人も通りにくくなってしまうのです。

・住宅ローン審査は落ちた回数は多い人の方が慎重に審査されやすい

・住宅ローン審査は同じデータを見る分、1回1回の方が確実にリスクが高まる

・住宅ローン審査は落ちたというデータは数年間消えない

この条件から、1回落ちたという経験は、フラット35であろうとなかろうと同じ事。

あなたがもうフラット35審査に申し込み出来るチャンスはありません。

よって、

確実に通りやすい住宅ローン審査をうけるコツを知る事が重要なのです。

この方法も私はあなたにご紹介できます。

私が過去に作ったサイトで、住宅ローン審査通過の唯一の方法をご紹介してます。

私が2度住宅ローン審査に落ちたのち審査通過させた秘策

にてご紹介していますので、興味がある方は、合わせてご覧ください。

この記事を最後までご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

このページの先頭へ