フラット35審査必要書類を簡単に完璧にする方法

フラット35審査の必要書類はもう自分で考えなくていい時代!

フラット35審査必要書類

フラット35審査は銀行ローンと違って必要書類が多いの?

こんな不安やローン審査に向ける準備をしている方も多い時代。

私のサイトは、フラット35審査に通らない、落ちたらどうすればいい?

こんな悩みの方には、原因や理由、通すための情報を。

これから通りやすい条件を知るという方には、申し込みのお勧めを。

いずれも私自身の住宅ローン審査に悩んだ体験をもとにご紹介しています。

審査期間が長い悩みについてもご紹介しています。

フラット35審査期間が長いからこそ注意すべき事

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

この記事は、少しでもフラット35審査必要書類の不備なく進める方法として、

フラット35審査必要書類リスト

フラット35審査必要書類の不備が多い内容

フラット35審査必要書類を簡単に準備する方法

以上の内容をご紹介してますので、自営業など忙しい方の準備知識にお役立て下さい。

フラット35審査必要書類リスト

フラット35審査必要書類チェックリスト

まずは、フラット35審査の必要書類をリスト化しながらご紹介してきます。

フラット35審査に必要な書類は、銀行を問わず以下を準備しなければいけません。

1.借入申込書

2.個人情報の取り扱いに関する同意書

3.住民税納税通知書又は住民税納税証明書等の公的収入証明書

(前年年収であれば、源泉徴収票で問題ありません)

➔※この点が銀行により違う事が要注意!

4.建設費等の住宅等取得費用の確認書類

➔請負契約時の請負金額及び売買契約金額が確認できる書類

土地を購入してる方は、土地の売買契約書のコピーも必須。

5.健康保険証

6.住民票(発行から3ヶ月以内の書類)

7.運転免許証

8.戸籍謄本

9.住民票の除籍の謄本(名前が変わってる場合は必須)

10.敷地の登記簿謄本(原本)(竣工前マンションのみ写しも可)

11.建物の登記簿謄本(原本)(中古、完成済み物件は必須)

12.土地付き建物又は土地購入者は、売買契約書の写し

13.注文住宅を建築予定者は、工事請負契約書の写し

14.重要事項説明書の写し

15.諸費用を証明する請求書

16.図面関連が建物により異なります。

➔マンションは、床面積、総延べ床面積記載のパンフレットの写し

➔中古戸建は、配置図、平面図、公図、敷地実測図(各種写し)

➔新築戸建は、建築確認済証及び建築確認申請書全ページの写し

17.物件資料

➔適合証明省略に関する申出書(中古マンションの該当物件のみ)

➔適合証明書

18.源泉徴収票の写し

19.給与収入以外がある方は確定申告書の写し

以上がよくある必要書類リストとなります。

しかし、

このような書面を日常で準備したことの無い方も多いのが現実。

そこで、不備が多い必要書類をご紹介していきます。

 

フラット35審査必要書類の不備が多い内容

フラット35必要書類忘れやすい物

フラット35審査の必要書類において、ついつい忘れやすいものをご紹介していきます。

フラット35審査必要書類の忘れ物注意1.自営業や会社役員

フラット35審査の必要書類の中でよくある忘れ物と言えば、確定申告書類の中でも本業以外の収入証明。

特に、

・自営業や会社役員の方で忘れやすいのが赤字申告を上手に税金対策にしている方。

・マイナンバー導入に伴う副業等の収入申告漏れによる書類提出の遅れ

こうした内容は、特に2016年以降には注意が必要。

銀行口座までの紐づけがマイナンバーで進めば、銀行も簡単に審査の中で確認できてしまう実態。

そこで、必ず確定申告数年分の書類を厳重注意として管理しておく。

この点が、数年分であるからこそ、特に忘れ物として多くなるのです。

フラット35審査必要書類の忘れ物注意2.諸費用の見積もりは徹底しよう

フラット35審査に限らず必要書類として良く忘れられているのが、オプションや外構などの工事費見積り書の提出。

・まだ見積りでやるかどうか確定していないから

・見積もりを複数社から取り寄せたが一番安い会社以外は捨てた

・見積りを取って営業に来られるのが嫌で動いていない

いずれの場合もフラット35に限らず住宅ローン借入金明細に記入が出来ません。

あくまでもフラット35審査の借入金希望額というのは、見積書提示があってはじめてはじき出されます。

・建物費用。

・付帯工事費用(水道引き込み、電気工事、浄化槽設置などすべて)。

・外構費用やカーテンなどの諸費用。

こうした細かな見積書はついつい、

「後回しにして最後でも大丈夫なはず。」

このような判断をされて結果的にフラット35審査の必要書類として慌てて見積もり書を作成してもらう。

こうした事態になりやすいのです。

出来るだけ住宅購入からフラット35審査通過までの間の見積書は1つでも多く残しておく事をお勧めします。

しかし、多くの方は会社員や公務員など自分の仕事を持っている人が組むのが住宅ローン。

結果的に、こんな細かな点まで管理が行き届かない人が多いのも現実。

そこで、最後にご紹介するのは、自分で必要書類を管理しなくてもいい方法をご紹介していきます。

 

フラット35審査必要書類を簡単に準備する方法

フラット35審査必要書類を簡単にそろえる方法

フラット35審査に必要な書類は、すべて自分で管理して取り寄せたりしなければいけない!

こんな堅苦しい考え方がまだまだ一般的な考え方とされている現代。

しかし、

もうこうした住宅ローン審査の必要書類を自分で取り寄せたり管理する時代は終わろうとしています。

・自分で区役所などに行く時間と労力を節約したい

・フラット35審査の必要書類は結果的に言われてから動くので疲れる

・フラット35審査の必要書類で適合証明書は自分たちにはどうする事も出来ない

こうした点を考慮していくと、個人で立ち回る時間と労力は他の内容を決める上でも重大な損失となります。

ですから、

フラット35審査用必要書類は全て第三者に権限含めて代行する。

こうした考え方を身に着けておく事が重要なのです。

・区役所で書類の取り寄せ方を間違えた

・証明書関連書類を再度取り寄せる時間と手間がかかった

・郵送を繰り返す事で、時間のロスが生まれた

こうした内容は全て自分で動く日時を選ぶ必要がある状況だったために生まれます。

しかし、すべてを代行してくれる会社があればどうでしょうか?

実際に私が住宅ローン審査を通した時はこの方法を活用してかなり楽を出来ました。

・自分たちで決めたかった他の事に集中できる

・もう自分たちで書類を取りに行く必要が無い

・全て代行会社がしっかり審査を進める手続きをしてくれる

こうした状況を手に入れる事が出来るのが現代のサービスなのです。

しかし、この情報はほとんど公開されていません。

何故か?

住宅ローン審査を実際に受けた人がこうした情報を書いていないから。

→知らない理由としても当たり前。

つまりは、知る機会も提供されていないのです。

私は違います。

住宅ローン審査を実際に体験をしたからこそ、あなたに伝えられる真実があります。

住宅ローン審査通過の近道にもなる必要書類を簡単に代行してもらえる方法

私の姉妹サイトですが、フラット35審査情報について、派遣や契約社員でも組める情報と併せて公開しています。

興味のある方はご覧ください。

忙しい中でやる事が増えてしまった。

こんな声を出している方にこそ、喜んでいただける情報だと確信しています。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

このページの先頭へ