フラット35審査基準は厳しい?特徴や金利シミュレーション

フラット35審査基準は変動金利や固定金利の審査基準と別物!

フラット35審査基準の特徴

フラット35審査における基準を知っておくことも通るコツを知る上では重要。

住宅ローンの中でも銀行ローンと違う点を対象にご紹介していきます。

フラット35審査に落ちた理由を調べるリスクについてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由は調べるな!

審査期間が長い悩みについてもご紹介しています。

フラット35審査期間が長いからこそ注意すべき事

サイト管理人2児パパニッキーです。

この記事では、フラット35審査基準に焦点を絞りながら、

フラット35審査基準の特徴

フラット35審査基準から通すコツをご紹介

以上の3つについてご紹介していますので、フラット35審査通過のコツを知る上での情報源として活用して下さい。

フラット35審査基準の特徴

フラット35審査基準とは?

フラット35審査基準で抑えておくべきポイントを特徴としてご紹介していきます。

フラット35審査基準の特徴1.返済負担率

フラット35返済負担率は年収により以下の様に決まっています。

年収400万円未満は、一律上限30%以下。

年収400万円以上は、一律上限35%以下。

返済負担率を勘違いしない為に計算例をご紹介していきます。

返済負担率の計算方法具体例では、

年収400万円で以下のような生活があるとします。

車のローンに、月々25,000円

スマホの割賦で月々3,000円(端末費用)

クレジットカード決済家計月々15,000円(水道光熱費等を問わず)

このような家計状況である場合は、

年収400万円×0.35=140万円

140万円÷12ヶ月=11.66万円

11.6万円マイナス25,000円マイナス3,000円マイナス15,000円=7.3万円

よって、

上限が月々7万3,000円を金利負担を含めて計算するのが借入上限金額。

2016年4月金利は、1.2%。

よって、月々7万3000円を上限としてシミュレーションをしていくと、

月々72,925円となる2500万円の借り入れが上限となります。

計算式そのものは銀行ローンと何も変りません。

フラット35審査基準の特徴2.保証料無料

フラット35審査を選ぶ基準の1つに保証料無料という理由の方も居るはず。

フラット35審査が厳しいという声がある大きな理由は、フラット35だからではない部分があります。

それが、保証料無料の住宅ローン審査。

保証料無料と言うのは、保証会社を入れていないというのが特徴。

これは、住宅ローン審査の中では最初の仮審査が厳しくなる傾向になります。

よって、住宅ローン審査基準を比較する上では、保証料は安い=厳しいを意識していく事も重要です。

フラット35審査基準の特徴3.建物土地による審査基準が厳しい

フラット35審査基準における厳しいと思える要素は、個人に対する評価ではありません。

建物や敷地条件における審査が銀行ローンとは全く別物。

例えば、対象物件における入り口となる土地間口は、2m以上を有する事が条件。

こうした細かな部分にも対象が入ってきます。

土地の形状まで審査対象に入るせいで、対象にならない建物、土地というのがでてしまうのです。

よって、あなたがいくら努力をしても審査に落ちる可能性があるのがこのフラット35審査基準の落とし穴。

あなたが通りやすい方法を探しだす為に、私からご紹介できる事があります。

 

フラット35審査基準から通すコツをご紹介

フラット35審査基準で通すコツ

フラット35審査基準を逆手に取って、通すコツをご紹介していきます。

フラット35審査基準入り口は銀行次第!

フラット35審査基準における仮審査段階は、あくまでも窓口に使った銀行の判断も入ります。

この段階では、銀行の見たい個人の状況確認が入ります。

ですから、審査通過のコツ1つ目は、

フラット35審査基準における仮審査通過の条件は、同時申し込みによる競争が重要。

同時申し込みこそが、最良の逃げ道。

・条件がゆるいとはつまり、銀行の審査適合になりやすい

・仮審査は、貴方の会社の属性等との相性も重要

ですから、まずは、同時申し込みを前提にフラット35審査は掛けておく事を頭に入れておいて欲しいのです。

フラット35審査通過のコツ2.物件対象の判断力

仮審査通過後には、ほとんど通ると言われたのに、本審査で落ちた!

この声がフラット35審査には多いのが特徴。

理由は、銀行を窓口としたせいで、フラット35の適合物件確認をせず、個人のデータだけを照合した仮審査。

物件適合性を見ているふらっと35本審査。

これでは、あなたに問題は無くてもフラット35本審査で落とされる可能性は高まります。

よって、

少しでもフラット35審査に精通する知識や認知の高い場所で審査申込をする。

この点も非常に大切になるのです。

こうした判断基準は正直、銀行の融資担当者などは人が入れ替わっている新人などは全く知りません。

あくまでも、業務的に進めるだけのフラット35審査申込では不十分。

そこで私は、

会社の属性をクリアするフラット35仮審査プラス物件適合性を確認してくれる本審査対策を出来る申込方法。

この内容を探し出しました。

それが、

派遣、契約社員もフラット35審査申込が出来る申込方法

に記載をしている方法。

※私の姉妹サイトである情報ページにリンクされています。

この申込方法により、以下の要素が大幅に緩和されます。

・住宅ローン審査用に必要書類を用意する手間がない

・住宅ローン仮審査条件とあなたを適合したオススメの銀行に複数申込が可能。

➔複数申込をする事で2度手間も無い。

結果的に、スピード感を持って対応が可能となります。

フラット35審査の魅力は2016年は注目株。

審査件数が増えれば当然落としても良い物件や条件も多少増えてしまう傾向も出ます。

よって、少しでもあなたと相性の良い銀行経由の申込をする。

これが最終的な審査基準クリアの条件だと私は過去の体験から実感しています。

ぜひあなたのフラット35審査基準を含めて通るコツを知るきっかけに活用してください。

コメントを残す

このページの先頭へ