フラット35審査日数目安や短縮のコツ

フラット35審査日数が長い!短縮する申込のコツ

フラット35審査日数目安や短縮のコツ

フラット35審査日数は何日?

フラット35審査日数を少しでも早めたい!

フラット35にかぎらず、住宅ローン審査日数は精神的ストレスの原因にもなっています。

フラット35審査に落ちた理由を調べるリスクについてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由は調べるな!

審査期間が長い悩みについてもご紹介しています。

フラット35審査期間が長いからこそ注意すべき事

私のサイトは、フラット35審査に通らない,落ちたと悩む方から不安をお持ちの方まで、少しでも通りやすい方法や具体的な注意点をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーです。

実際に私はフラット35ではありませんが、金融機関での住宅ローン審査で以下のような経験を持っています。

地銀の変動金利の申し込みで事前審査に落ちた体験。

メガバンクの変動金利の申し込みで本審査に落ちた体験。

こうした経験の先で通過を勝ち取った時、いろいろな銀行から様々な話を聞くことが出来ました。

その経験を活かし、このサイト内で、一般的に表面的な話しだけが飛び交う中、もっと突っ込んだ部分をご紹介していきたいと思います。

この記事では、フラット35審査の日数に焦点を当てながら、

フラット35審査日数目安|仮審査は運?

フラット35審査日数目安|本審査は手続き次第?

フラット35審査日数を短縮するコツ

以上の内容について、実際の住宅ローン審査体験を元にしながらご紹介してますので、参考資料としてお役立て下さい。

フラット35審査日数目安|仮審査

フラット35審査日数仮審査目安体験記

フラット35審査日数におけるまずは仮審査日数をご紹介していきます。

フラット35審査日数で仮審査にムラがある理由

フラット35審査日数における仮審査(事前審査)は非常に情報によりムラがあります。

理由をご紹介していきます。

フラット35審査日数における仮審査に要する時間がかかる理由は以下が主な理由。

・銀行によっては、住宅ローン申込案件の優先順位が低くなる

・銀行によっては、仮審査必要書類準備に対するスムーズな案内が出来ていない

・銀行によっては、フラット35審査対応に慣れていない

本当か?と思われるかも知れませんが、私自身も住宅ローン審査を申込した際に実感しました。

「こうした案件は申込が少ないため、少々お時間を頂く事もあります。」

こんなセリフを銀行は当たり前のように話をしてきます。

フラット35審査日数の中でも仮審査は、「あくまでも銀行の個人データ照合時間」

よって、銀行の手続きに慣れていない担当見習い程度の人がつくと余計に時間がかかります。

実際に渡しが困ったのは、

・会社の仕組みを説明するのに、3回以上同じ説明をさせられた

・給与以外の所得についての説明が全く理解してもらえなかった

・必要書類準備の案内が次から次に不足が発覚してくる

こうした憤りを感じながらも仕方なく行ったムダな日数が多かった事が悔やまれます。

あなたにはこうした経験をしてほしくないのです。

ですから、

私があなたにご紹介していくのは、こうした余分な審査日数を掛けずに済ませる方法を最後にご紹介します。

では続いて、本審査日数の目安をご紹介していきます。

 

フラット35審査日数目安|本審査

フラット35審査日数|本審査目安

フラット35審査日数目安を本審査についてご紹介していきます。

フラット35審査日数本審査は、通常7日から14日?

フラット35審査期間目安を調べていくと、フラット35公式のご案内では、

フラット35審査日数データ

このように事前審査後の結果を通達するのが、1から2週間となっています。

しかし、

このスケジュールを満たす為には、

フラット35審査必要書類の提出

これが一番重要になります。

必要書類に不備があると、審査そのものがスタートすらしてくれません。

さらに、

事前審査での銀行側の把握が曖昧になった時、この2週間を超過するリスクが有ります。

よって、

フラット35審査日数本審査用には、私は長めに3週間を目安にしておく。

このくらいの気持ちがあった方が良いと言えます。

では最後に、フラット35審査日数を短縮するコツをご紹介していきます。

 

フラット35審査日数短縮するコツ

フラット35審査日数短縮のポイント体験記フラット35審査日数を減らすポイントをご紹介していきます。

フラット35審査日数で余分と考えるべき行動

あなたがフラット35審査を待つ日数を短縮するためには、余分となる日数を把握する事が大切。

私が住宅ローン審査を体験して思うムダな時間は、

・必要書類を自分で取りに行き、銀行に届ける時間

・必要書類の不備が見つかり再度準備をする時間

・フラット35審査申込み手続きのためだけに銀行に行く日程調整

こうした内容が特に時間のムダを生みます。

特に、銀行に申込のためだけに足を運ぶのは本当にムダ。

土日祝休みで、銀行に行けない。こんな事も珍しくない現代。

こうしたムダを1つ1つ排除して、私生活時間の中で最短で書類の受け渡しや提出を完成させる。

この方法を具体的にご紹介していきます。

フラット35審査日数短縮の条件

フラット35審査日数短縮を達成させる最短ルートの条件は、添削です。

あなたが直接銀行に提出をした場合は、銀行が不備を発見すると再提出までの時間が掛かります。

しかし、

あなたが第三者機関へ書類提出前の添削をしてから、正確な情報だけが銀行に届く。

これなら、余分な時間も手間も無くなります。

フラット35審査しょs類提出の為に、2度3度銀行に行く手間が無くなります。

こうした環境を作り上げることこそ、正しい審査日数削減のコツと言えるのです。

「そんな会社どこにあるの?」

勿論この会社もご紹介してます。

私が住宅ローン希望者の相談を元にご紹介したのが、

フラット35含めた住宅ローン専門会社に無料サポートしてもらう方法

以上の2つの方法によりご紹介しています。

あなたが興味がある申込方法を使ってフラット35審査日数にムダを作らない準備をしてみてください。

きっと私と同じように、スムーズに銀行を探しだし、審査通過を勝ち取る最短ルートに案内してくれる。

この未来を私は体験から確信しています。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ