フラット35審査に落ちた自営業の銀行ローン秘策

私のサイトは、フラット35審査について、落ちた時の次の行動をご紹介していきます。

フラット35審査に落ちた理由を調べるリスクについてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由は調べるな!

サイト管理人2児パパニッキーです。

この記事では、自営業者の方がフラット35審査に落ちた時の対策として、

フラット35審査に落ちた自営業者の注意点

フラット35審査に落ちた自営業者の間違い行動

フラット35審査に落ちた自営業者の秘策

以上の内容についてご紹介していますので、まずは慌てず次の行動を注意して取り組んでみてください。

フラット35審査に落ちた自営業注意点

フラット35審査に落ちた自営業者の注意点

まずは、フラット35審査の性質上からも自営業者が審査に落ちた時の注意点をご紹介していきます。

自営業者がフラット35事前審査に落ちた時の注意点

フラット35審査に落ちた中でも、事前審査に落ちた場合は真っ先に以下の内容をチェックして下さい。

・クレジットカード保有枚数とキャッシング機能ゼロ円の確認

・現在の借入金の明細や電話による残高確認

・スマホ等の割賦販売商品の一括精算

まず疑うべきは、会社の内容よりも、基本申込者本人の状況確認。

この行動をせずに次の申込を探す事をするのは控えて下さい。

根拠は?

事前審査はまだ物件価値等を審査している状況ではありません。

よって、事前審査に落ちる原因は、主にあなた本人である可能性が高いのです。

自営業者がフラット35事前審査に落ちたら個人情報チェックは違う!

自分の状況把握をしたい!

この言葉を使いたい人は自営業者に問わず多いです。

しかし、個人情報データ閲覧は、リスクは有りますがメリットはゼロ。

その根拠は?

データの閲覧する履歴そのものが銀行ローンでも印象は悪いから。

データを閲覧する何かがある。

次の銀行ローンにしても住宅ローン申込で審査をする機関はあなたの行動に不審しかいだきません。

自分の状況で幾つか不安がある場合でも絶対に個人情報閲覧だけは避けておきましょう。

では続いて、フラット35審査に落ちた自営業の方の間違い行動をご紹介していきます。

 

フラット35審査落ちた自営業間違い行動

フラット35審査に落ちた自営業者の失敗行動

フラット35審査に落ちた時、自営業者の方が取り掛かろうとする間違い行動をご紹介していきます。

フラット35審査に落ちた時、自営業者の間違い行動1.調整

書類上に記載する確定申告内容とは節税対策からも異なる可能性がある自営業者。

このようなケースの場合、書類上の調整や年収の調整をしようとする方も多いです。

しかし、いくら口頭による説明をしても銀行ローンは書面上の金額しか認めません。

この点は私も多少借入金を増やそうとしましたが、無理でした。

年収の調整は不可能である。

この意識はぜひ最初に知っておくべきだと私は体験から痛感しました。

フラット35審査に落ちた時、自営業者の間違い行動2.頭金調整

年収と同じく、頭金を少しかき集める事をしようとする自営業者の方も多いです。

しかし、現金を増やしたところで、銀行の預貯金が減る状況は変りません。

銀行ローンの場合は、自営業に厳しいというよりも属性にうるさいのです。

よって、頭金の有無は大した問題にはなりません。

逆に、頭金を最初の審査時より変に多くする方が違和感を持たれやすくなります。

ですから、頭金を調整するのは、いいことも無いし、違和感をもたれやすいのでやめておきましょう。

フラット35審査に落ちた時、自営業者の間違い行動3.単独相談

フラット35審査に落ちた後で、他行に住宅ローン相談に行く。

この行動も実際にはメリットがない行動となります。

根拠は?

フラット35審査に落ちた時、誰もが精神的に慌てます。

しかし、単独申込は落ちる可能性を上げることはあっても、通過する可能性が高くなることは有りません。

よって、単独行動での1つ1つ銀行相談はしない事を強くオススメします。

「頭金も無意味、年収調整も不可、個人情報確認もダメ、ならどうすればいい?」

この答えを最後の話題で触れていきます。

 

フラット35審査落ちた自営業秘策

フラット35審査に落ちた自営業

実際に、銀行は誰の味方でもありません。

結果的に落ちるかもしれない人であっても銀行ローンを受け付ける事にしか意味を感じていません。

こんな場所に一箇所ずつ回っても結果的に審査通過を勝ち取る可能性を減らすだけ。

だからこそ、自営業者の方にフラット35審査に落ちた後に必要な条件として、

・自営業者の業種に強い銀行を探す

・銀行ローンの中でもその土地や会社のニーズを理解してる銀行

・住宅ローン審査の中で年齢の許容が広い銀行

以上の条件を順に絞り込みをしておく事が最も重要。

しかし、銀行ローンは、最重要項目が年齢です。

よって、申し込みをする時間は1日でも早い事が重要。

結論として、自分で調べるという時間を消化する事が最大のリスクとなります。

ですから、あなたが銀行ローンを通すためには、先ほどの3条件を満たす銀行を探してもらう。

この方法を知る事が重要なのです。

調べて審査を受けるだけなら、無料でやってくれます。

しかし、あくまでも銀行ローン審査に通過する目的で取り組んでくれます。

私自身も実際にこの方法が元で住宅ローン審査に通過しました。

フラット35審査に落ちた自営業

自営業者であることが問題になる事を最小限に抑える為にもこの方法が最適であることを貴方にも体験していただけたらと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ