住宅ローン通らない時相談相手に多い失敗典型例と通す方法体験記

住宅ローン審査に通らないとは思っていなかった。

実際に通らない人は誰に相談してるのかな?

金融機関に相談した時も銀行は理由やそれらしい原因すら何も教えてくれなかった。

今の不動産会社かも次の金融機関は通ると思って頑張りましょうと他人ごと。

このまま通らないと住宅購入すら諦めないといけないの?

銀行も府相談会社もあくまで売買契約上の額や一通りの審査を行ってる機関にすぎない。

ただ審査を受けたいといった人に、実際に落ちたと伝えるだけの状況。

住宅ローンに通らない相談に多い誤解について、このページをご覧いただきありがとうございます。

フラット35審査期間が長い悩みもご紹介しています。

フラット35審査期間が長いからこそ注意すべきこと

私のサイトは、フラット35審査を中心に基準や年収,自営業等の環境的な悩みや通らない、落ちた時どうすればいい?を具体的に通る為の方法を合わせてご紹介しています。

私自身も銀行ローンの変動金利希望で、過去に以下のような銀行で落ちたという連絡を受けました。

JAは事前審査すら通らない。

三井住友銀行で本審査で落ちた。

このような流れを経験して、不動産会社の反応も今思うと仕方がなかったとさえ感じる。

家を買う前には借入審査が通る前提の購入となる。

当然、融資が難しいという問題を受け、解約に至るケースも当然ある。

自分たちの中では返済額も家の費用も問題ない。

なのに、住宅ローン審査による融資だけで、自分たちが望む希望通りのまいほーむが 手に入らない。

このような事態を今まさに当事者本人として悩む方がもいると思います。

そこで、私の体験を活かし、このページでは、住宅ローンに通らない相談という視点を以下の項目でご紹介していきます。

住宅ローンに通らない時相談相手に多い無駄

住宅ローンに通らない時相談するべき相手

自分の過去の支払い状況に対する信用情報への不安。

無料相談による融資相談。

物件の額の見直し!

何を聞いても今は本人の気持ちの中では、条件が分からない中、戸惑いしかないと思う。

私も実際にこの気持ちは本当によくわかる。

だからこそ、解約するしかないと思ってる方に、少しでも私の体験から希望を持ってほしいと思う。

住宅ローンに通らない時相談相手に多い無駄

住宅ローン通らない相談

住宅ローンに通らない時、申込者本人も家族もどうしたらいいかわからない。

本人が自分の信用情報の状況も他の誰からも話を聞くことが出来ない。

自分の希望額が求めすぎているならそう言ってほしい。

自分の対応しておくべき情報だけでも聞いたら少しでも前向きになれるのに!

こういう自分の中での不安的要因を少しでも他の第三者からの助言で立ち直りたい時もある。

でもこういう状況の時だからこそ、自分でさらに条件を悪化させないようにすることの方が非常に大切。

まずは、相談しても意味が無いし、時間の無駄になる典型的な行動をご紹介していきます。

住宅ローン通らない相談に多い失敗行動

誰もが自分の今の年収に合わせて無理のない返済額と言える物件の条件を選び、費用を住宅ローンを使って支払をする。

このサービスの中心はあくまでも金融機関(銀行等)であることは事実。

しかし、フラット35の結果は、また違う価値を持つ。

同じ通ったという声ですら、参考にできない違いは以下のような条件の違いもある。

  • 正社員、自営業、契約社員、派遣社員等雇用契約条件の違い。
  • 年収、勤続年数、会社の属性の違い。
  • 住宅ローン審査に落ちた、通らない時の銀行の種類の違い(ネットバンク、地銀、メガバンク)

これらの利用は、それぞれが同じ年収と金利という設定でも可能な条件は細かな点が言わないだけで結果的に大きく異なる。

何者に聞くとしても、通った経験者が簡単にこんなことを教えてくれる話は信用してはいけない。

「この銀行なら通るよきっと!」

夢を託すほどの重要な決断を迫られてる今のあなた。

この時、いくら親しい友人や知り合いが通ったという関連の体験をしたからと言って、いきなり同じ銀行に相談をすれば通るはず!

この思い込みは、結果としてまた自分の信用した行動そのものを悔やむ結果になっていく。

住宅ローン通らない相談役と不動産会社の嘘

新築一戸建てを土地と建物を購入する。

中古マンション等で物件購入の仮申し込みや購入までのサポートをしてもらう。

こうした多くを不動産会社に個人がお金の面を含めてまとめて相談する事も多い。

しかし、この担当は、建築の内部の詳細内容に対する質問にも適切な回答を答えあっれる人はほとんどいない。

住宅ローンの審査となれば、さらに経験が乏しい。

仮に十数年個人への営業をして、土地や建物の売買をしていたとしても、銀行の住宅ローン審査の詳細内容を把握している人はほとんどいない。

建築物や土地の価値等多くの住宅ローン審査で通る可能性に関連する情報を的確に回答できるサポートはほぼ期待できない。

これが私個人もお金の相談をした時に、体験した感想。

これは、住宅業界の勤続年数があまりに短い人が多い一番の雇用の問題にも関わっていく。

転勤して新しい地域にすんだらその地域の需要と供給のバランスに対する知識、経験はゼロ。

ハウスメーカーでもこういうサポートは正直本当に知ってる提案力のある人の情報開示はほとんどなかった。

 

住宅ローンに通らない時相談するべき相手

 

今あなたが住宅ローンに通らない先で誰に何を相談してどうお願いしたら、本当に自分が通る提案をしてもらえるのか?

この答えをあなたが知る必要がある。

その為の内容として、私が提案できるのは、多くの方に私と同じ体験をしてもらう事。

住宅ローン事前審査前にやるべき事

私は当時新築一戸建ての住宅ローン審査に通らない事に困っていた。

複数の銀行に何とかお願いをしたいけど選択できる自分の行けるエリアの中で、どの銀行を頼るべきか?

この答えに最初にハウスメーカーが一押しした銀行が即時落ちたという回答。

この開示を受け、もう他の銀行にいくら自分の心配な項目を正直に紹介しても何も審査にかかる心配は解消されない事を知った。

その後、自分が知っておくべき事として、以下のポイントは言われた。

  • クレジットカード保有枚数は3枚を上限に絞り込む。
  • クレジットカードのキャッシング可能額は必ず全てゼロへ条件変更。
  • 個人が現在利用する分割払い(リボ、3回5回等の分割含む)を全て一括清算。
  • 携帯電話(スマホ、タブレット等申込者本人決済対象全て)の割賦払いを一括で完済。
  • 車のローンの残債請求額を明確化。
  • 延滞、遅延等の過去の問題がある点は先に全て完済証明書等を手元に用意。
  • カードローンの使用は、この1年で頻回になっていないかチェック。
  • 個人事業主であれば、3年から5年程度の確定申告の詳細を手もとに用意。
  • 今回組む金額の詳細項目を契約書を含めてすべて手元に用意。
  • 過去に債務整理等に関わった内容は全て再度書面交付に基づき証明書などを交付手続きを取る。

このような非常に細かな内容を精査していく必要がある。

住宅ローン事前審査相談先

実際に私が今回の記事でもこのサイト内の全てで紹介してるのは、1社しかない。

私が銀行に相談することなく救われた方法。

私は、この会社に相談をした時、以下のような準備も整えた。

  • 自分の通したい銀行のプランを最大6つまで選択。
  • 全ての銀行に提出できるように、事前審査に必要な書面を全て必要枚数分用意。
  • 地銀、メガバンク、ネットバンク等住まいのエリアを問わずランダムに選択。

この3つを徹底して、とにかく車の購入と同じ対策をする。

ライバルがいるケースを見せる事で、事前審査の審査基準に対する営業の説得対策にはなる。

同時複数申込は、銀行の用意する無料相談の比ではない効果を発揮する。

この言葉を私が実際に通すことが出来た時、その銀行の住宅ローン担当者から言われた。

よって、あなたにもフラット35以外の変動金利、固定金利を含めたランダムな選び方を一度フラット35で失敗しているからこそ強くお勧めしたい。

あなたが、本当に借金を背負ってまで今自分の家が欲しい。

この思いが強いなら、私は、自分のやったことと同じ方法をあなたに伝えたい。

これが最善なのは、私が通した時と今も何も変わっていない。

これも借り換えを同じ方法で実践した時、住宅ローン担当者に教えてもらえた。

あなたにとって、この先に夢のマイホームが手に入る審査通過の現実が届くことを願っています。

私と同じ方法で実際に「銀行に相談不要」を体験するために役立ててください。

One Response to “住宅ローン通らない時相談相手に多い失敗典型例と通す方法体験記”

  1. minecraft より:

    whoah this blog is great i really like reading your posts.

    Stay up the good work! You know, a lot of people are searching
    round for this information, you can help them greatly.

コメントを残す

このページの先頭へ