フラット35比較2017|銀行選びより重要な申込方法!

フラット35銀行比較について、この記事をご覧いただきありがとうございます。

フラット35審査を受けたい!

この思いを実行にうつす際には、必要なのが、住宅ローン審査をどこで受けるのか?

実際に、フラット35審査銀行候補には、以下のような銀行も2017年知名度が上がっています。

・楽天銀行フラット35。

・りそな銀行フラット35。

・ARUHIフラット35。

銀行?と思うようなサービスと思うような金融商品取扱会社も登場してるフラット35市場。

こうしたサービス比較をしても、返済期間は、35年という社会人生活の大半を消耗するような大切な人生にあまり回数を経験しない体験だからこそ、迷いも当然です。

フラット35審査に落ちた理由を調べるリスクについてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由は調べるな!

私のサイトは、フラット35審査に落ちた,通らない原因を含めて、審査基準や期間、通すコツを踏まえて、全て住宅ローン審査体験から見えた実態をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

フラット35銀行比較については、私の体験や経験上知り得た情報を元に、2017年以降も対応可能な以下の情報をご紹介していきます。

フラット35銀行比較に潜む落とし穴!

フラット35銀行比較より大切な視点!

フラット35銀行比較に迷った時の通りやすい行動とは?

少しでも誤解をしたままの間違った申込方法に走るのではなく、正しい通りやすい申込み方法を知るためにお役立てください。

フラット35銀行比較に潜む落とし穴!

フラット35審査銀行選び注意点

フラット35審査を受ける銀行比較については、まず最初に落とし穴的要素をご紹介していきます。

フラット35審査銀行比較の落とし穴1.必須条件が違う

住宅ローン審査と違うフラット35審査という響き。

金利が安いし、35年固定なら文句はない!

低金利の時期に借入をしておけば安心だ!

こんな発想から安易に申込を検討してる方も多いのが実態。

しかし、こうした方の多くは、フラット35審査における銀行比較をしている時に、以下の内容は見落としています。

・団信加入条件

・事務手数料の高額さ。

・繰り上げ返済手数料

このような内容については、多くの方が「あれ?そうだったっけ?」と申込最中で戸惑うことも多いです。

特に注意しなければいけないのが、事務手数料。

フラット35審査を受けられる人を限定する落とし穴!

銀行の住宅ローンサービスとは違う圧倒的に高いと思えるのが、フラット35審査。

例えば、楽天銀行を比較してみましょう。

楽天銀行のフラット35申込児の事務手数料は、0.972%【2017年1月調べ】

つまり、3000万円の借入に必要な事務手数料は、291600円が必要となります。

頭金とはもちろん別。

100万円の頭金を作るだけの内容も戸惑う人が多い住宅ローン市場に、30万円近い事務手数料が必要な審査。

これが、フラット35審査の壁となる方も多いんです。

フラット35審査を受けられる人が見えない落とし穴!

フラット35審査を対応してる銀行って実は住宅ローン審査だけでも厳しい銀行が圧倒的に多いんです。

中でも典型例が、ネットバンク。

SBI銀行の低金利が目立った時代も2015年頃にはよくありました。

当然申込者が殺到。

しかし、これこそが銀行の思惑通りの典型。

母数が多いということは、リスク有りの基準が当然高くなるのです。

薄利多売で採算性をあわせるのが住宅ローンではありません。

問題は、リスクのある案件を排除して、不良債権のリスクを軽減することが住宅ローン審査に置ける最も重要な視点。

ですから、住宅ローン審査よりも、格段にフラット35審査は厳しくなるのが当然。

さらに、ネットバンクは、申込件数が地銀や銀行申込より多いため、選びやすい。

この状況下を勝ち抜く条件を知らないと通らない。

これが、落とし穴と言えるのです。

フラット35審査銀行比較後の最大のリスク

フラット35審査を銀行ローンとは違うものだと思い、申込を実行。

しかし、フラット35審査に落ちた。

この状況を作ると、かなり銀行ローンにも影響力が高まります。

つまり、安易にフラット35の銀行比較をすることが、逆に住宅ローンを組めない事態に追いやるリスクが潜む。

これが、最大のリスクになるのです。

では続いて、フラット35審査における銀行比較より大切な視点をご紹介していきます。

 

フラット35銀行比較より大切な視点!

フラット35銀行比較のコツ

フラット35審査における銀行比較よりもっと大切な視点を体験からご紹介していきます。

フラット35銀行比較より大切な事1.結末

最後には、住宅ローンでもフラット35審査でも通らないことには意味がありません。

今を楽にする。

この考え方を優先しないことが最も重要な視点。

問題は、住宅ローン審査を受けた後の返済期間中の人生設計。

すなわち、フラット35銀行比較に没頭して、通りにくい銀行ばかりに金利設定のみで目移りをした末路で、通らない人生。

これが最悪のパターン。

しっかり、目標は、通す為の住宅ローン商品を含めたフラット35銀行比較でなければいけないのです。

フラット35銀行比較より大切な事2.ネットバンクは最終手段

フラット35銀行比較をする時、どうしても見えていないのが、銀行の全体とフラット35という比較視点。

「金利が安い銀行のフラット35を比較していませんか?」

この流れは通りにくい難易度の高い銀行を眺めていることと同じこと。

通るための銀行比較は、全ての商品を比較した上で、自分の条件というのは、相手から見た条件で探すという視点。

つまり、あなたが借入のリストになっても不思議はない銀行選びの先に、フラット35も対応があったかどうか?

この視点のほうが重要になるのです。

フラット35銀行比較より大切な事3.期間

フラット35銀行比較では、あくまでも表面的なデータ確認しかしていません。

しかし、住宅ローン審査もフラット35審査で大切なのは、審査期間。

・審査期間が長引きやすいが、銀行のフラット35審査が通りやすい。

・審査機関が短いし、銀行のフラット35審査より審査が通りやすい。

どんどん難易度を言葉を変えるだけで厳しくなっていくことがわかると思います。

しかし、銀行でもネットバンクでも審査機関が長いことは、あなたが落ちた、通らないと言う結末を迎えた際には、一層不利な状況を作ります。

年齢という条件対応には、1歳でも財産ですからね。

ですから、人気だから使うと言う意識より、穴場の銀行を探す。

この視点をフラット35審査で通すためには必要になるのです。

ではこうした流れを自分で調べられるか?

殆どの方は挫折します。

ですが、この記事をご覧いただきましたあなたには、この最適な方法をご紹介していきます。

 

フラット35銀行比較に迷った時の通りやすい行動

フラット35銀行比較ポイント

フラット35銀行比較を兼ねた通りやすい方法をご紹介していきます。

まずはその根拠を御覧ください。

住宅ローン審査とフラット35銀行比較を混合させる考え方がベストな時代背景

変動金利、固定金利、フラット35。

3つの選択を最初は、必要とするのが、住宅ローン。

しかし、現代は、借り換え対応も順応性が増えた時代。

フラット35からフラット35の借り換えという過去にはなかった物まで登場しています。

ですから、最初の審査は、通すことを優先する事が重要になり、そのためには申込方法を知る事が最善になるのです。

住宅ローン審査とフラット35銀行比較を誰に相談する?

銀行を使う。

この発想を軸に考える上で、多くの銀行は、審査をしてみないと!この言葉でしか返事をしません。

「自分の場合は審査対象でしょうか?

たったこの質問にすら、同じ回答なのが、銀行の実態。

つまりは、「どうでしょうか?」ではなく、審査機関の担当者ではないのでわかりません。

これが正しい答え。

ですから、銀行に質問するという行動そのものが無駄になるのです。

住宅ローン審査とフラット35銀行比較を兼ねた方法

実際に、住宅ローン審査をフラット35を兼ねた申込方法なんてあるのか?

この疑問の答えは、フラット35審査を受けて落ちた、通らないという自営業の方の体験から知る事が出来ました。

詳しくは、フラット35審査に落ちた自営業の通すための秘策にて、ご紹介しています。

銀行ローンだけが選択肢にならない相談方法がある!

この事実を確認してください。

この記事でお伝えしたかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂きましてありがとうございました。

コメントを残す

このページの先頭へ