フラット35審査が甘い銀行で通すコツ体験記

フラット35審査が甘い銀行や申込み方法がありえない根拠を体験から紹介

フラット35審査が甘い銀行や申込み方法が無い根拠

フラット35審査甘い銀行申込み方法はありますか?」

私が運営している他のサイトでこのような質問をユーザーから頂きました。

フラット35審査に落ちた理由を調べるリスクについてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由は調べるな!

審査期間が長い悩みについてもご紹介しています。

フラット35審査期間が長いからこそ注意すべき事

私のサイトは、フラット35審査に通らない,落ちた人から不安な方まで通すためのコツや注意点を中心にご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーです。

この答えを私の体験から覆す根拠を含めて、この記事では、

フラット35審査が甘い銀行探しが難しい根拠

フラット35審査が甘いは無いが通すコツはある

以上の3つについてご紹介していきますので、あなたの情報収集の1つとしてお役立て下さい。

フラット35審査が甘い銀行探しが難しい根拠

フラット35審査が甘い銀行は無い

フラット35審査を受けるなら、通りやすい銀行を探すのが大切なはず。

こんな幻想を抱いている方もまだまだ多いのが現実。

この情報にたどり着いたあなたにだけは住宅ローン審査を受けたからこそ知った真実を知って頂きたいと思います。

フラット35審査が甘い銀行探しが難しい根拠1.そもそも銀行が決定権を持っていない

銀行は窓口になる事が出来ているのですが、結果的に必要書類等は全てフラット35審査管轄の国交省指示が優先されています。

・適合証明書が必要なのはフラット35審査の特徴である

・フラット35審査申込みを受けても本審査は銀行ではない!

・フラット35審査を進める上で銀行はただの窓口に過ぎない!

結果的に、

銀行に決定権をゆだねられたまま進む銀行ローンとは全く違うのがフラット35審査。

よって、

銀行により、フラット35審査に甘い厳しいはあり得ないのです。

フラット35審査が甘い銀行探しが難しい根拠2.適合検査も銀行はノータッチ

フラット35審査を申込みされた銀行は、建物の適合検査も外注となります。

適合検査は国交省管轄の専門機関により、調査が行われます。

ですから、

この時間、銀行はただの傍観者に過ぎません。

連絡をする内容があるとすれば、不備を伝える伝言係。

結果的に、銀行が出る幕がなる事が露呈してしまうのがフラット35審査。

ですから、

審査に甘い厳しいをコントロールする術すら持ち合わせていないのです。

フラット35審査が甘い銀行探しが難しい根拠3.保証料や繰り上げ返済手数料すら変えられない

フラット35審査が甘いと考えられる要素の1つに支払う手数料も候補にされやすい一つ。

しかし、

フラット35の手数料は、保証料0で告知されている。

フラット35の手数料は、繰り上げ返済手数料も0で告知されている。

いずれも銀行ローンの変動や固定金利では、収益源となる2つ。

フラット35審査の前には、利益の調整すら難しいのが現実。

結果的にどこの銀行を使っても大した差につながらないのです。

では続いて、フラット35審査が甘いという考え方よりも通すコツをご紹介していきます。

 

フラット35審査が甘いは無いが通すコツはある

フラット35審査が甘いは無い代わりに通すコツはある

フラット35審査を受ける際に重要なのは、審査が甘い場所ではなく、通すコツを知る事。

フラット35審査に通るために必須条件がある!

フラット35審査が甘いという言葉ではなく、あくまでも通す事にこだわるのなら、

・フラット35審査申込みを一斉に行う

・フラット35審査という共通の中で、自分の属性に強い銀行を選ぶ

・フラット35審査の特性として注文住宅会社の知名度を認識してる銀行を選ぶ

こうした内容が必須となります。

根拠は、以下の通り。

フラット35審査申込みを一斉に行う事で銀行を競わせる効果を生む。

フラット35審査で自分の属性(年齢、会社、職歴)などをこう評価してもらう事も重要。

フラット35審査の特徴として注文住宅を依頼した会社をよく知る銀行からの方がアプローチしやすい

こうした内容が、重要なのです。

フラット35審査に通すコツはあくまで、あなたへの印象をいいイメージとしながら、建てる会社をよく知る銀行を使う。

これが、銀行申し込みにおけるもっとも重要なポイント。

しかし、こんな情報を誰が教えてくれるのか?

この疑問についても私は答えを持っています。

銀行は全国から探す

あなたの属性を好む銀行を絞り込む

さらに、あなたの購入予定の土地や請負契約をした会社をよく知る銀行を絞り込む。

こうする事で、絞り込みされた銀行はあなたや建物評価をしやすい銀行となります。

結果的に、審査機関への説明もスムーズに行われていくのです。

こんな絞り込み個人には無理なはず。どうすればいい?

この答えを私は体験から見つけ出しました。

フラット35を派遣や契約社員でも組める申込み方法とは?

にて、あなたと相性のいい銀行を探す例をご紹介しながら、

具体的な行動の方法をご紹介しています。

興味があれば、じっくりご覧ください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

このページの先頭へ