フラット35審査は自営業に厳しい理由や通すコツ体験記

フラット35審査自営業が通る為の必要書類準備

フラット35審査自営業が厳しい理由体験記

フラット35審査自営業者や会社役員が通すための必要書類注意点をご紹介。

実際に私も自営業部分の収益等を提示しながら住宅ローン審査を受けました。

フラット35審査に落ちた理由を調べるリスクについてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由は調べるな!

フラット35審査期間が長いからこそ注意すべき事

私のサイトは、フラット35審査に落ちた、通らないという方への原因や理由。

今通りやすい方法を探しているという方。

どちらにも少しでも私の体験から伝えられる通すための注意点やポイントをご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーです。

住宅ローン審査を実際に受けた体験感想を含めてこの記事では、

フラット35審査が自営業に厳しい理由|節税対策

フラット35審査が自営業に厳しい原因|運試し

フラット35審査を自営業が厳しい中通過させるコツ

以上の内容についてご紹介してますので、フラット35審査通過のコツとして参考にして下さい。

フラット35審査が自営業に厳しい理由|節税対策

フラット35審査が自営業に厳しい理由と生津勢対策の関係

突然ですが、住宅購入を見越した自営業者の確定申告はどの程度いらっしゃるでしょうか?

多くの方の場合、節税対策を中心に経営利益を考えている事が多い自営業。

この状況を想定した自営業とフラット35審査が厳しい状況についてご紹介していきます。

自営業に厳しいフラット35審査の原因1.年数

実績を重ねていく中での収益が見えてきた安定からの住宅ローン。

こうした考え方は、当たり前だと思います。

しかし、この確定をしていく上で、収益が出ている状況の年数は何年位になりますでしょうか?

住宅ローン審査における勤続年数とされているのは、3年が一般的。

しかし、

自営業の場合は、5年というのが少しハードルを上げる要因となります。

しかも、

自営業の場合は、確定申告済み年数が5年という形式が一般的。

ですから、

実質的には6年目に入ってからはじめてフラット35審査の土俵に乗る事になります。

自営業に厳しいフラット35審査の原因2.年収

自営業者の中で年収は、400万以上ある方が理想。

その根拠は、フラット35審査基準に沿った条件提示。

そして、年収もムラなくその年収を確保している事も重要視されます。

「たまたまよかった年収の翌年に審査を受ければ通るはず。」

この考え方は会社員には通用する可能性はありますが、自営業の場合は通用しません。

この点が、フラット35審査が自営業に厳しい理由である事は間違いありません。

自営業に厳しいフラット35審査の原因3.赤字

自営業者の方の中には、事業用の借り入れをしながらスタートしてる方も多い。

赤字決済のある確定申告も、年収の確保という点が懸念されて不利。

「節税対策をするための確定申告をするから。」

この説明をしたい気持ちも状況もよくわかるのです。

しかし、借入金を要請する住宅ローンである以上、返済比率が重要な要素。

よって、確定申告の節税対策を5年見直しながらフラット35審査のタイミングをはかる。

これが、何よりも審査が厳しいと言わざるを得ない理由ではないでしょうか?

では続いて、こうした事情以外のあなたにはどうする事も出来ない原因をご紹介していきます。

 

フラット35審査が自営業に厳しい原因|運試し

自営業がフラット35審査で厳しい理由は業種もある

フラット35審査における自営業に厳しい現実となる原因。

中でも、自分の力ではどうする事も出来ない運試しをご紹介していきます。

フラット35審査が自営業に厳しい原因は業種というハードルもある!

実際に私が住宅ローン審査を受けた際に聞いた実際の話をご紹介していきます。

「住宅ローン審査には銀行により運があるのも事実」

こんな自分ではどうする事も出来ない要素を教えてもらったのは、1社目に落ちた時。

何が落ちる原因になるのか?という理由の例を聞いて愕然としました。

それは、自営業である人の職種。

・建設業

・ソフトウェア

・運送業

・飲食業

なんでも自営業は幅広い分野があります。

しかし、銀行によりその業種への信頼の強さは違う。

つまり、属性が自営業者にはもろに審査が厳しい原因に直結します。

正直、聞いた時かなり理不尽でした。

フラット35審査が自営業に厳しい原因は道連れもあり得る!

フラット35審査における自営業者の事前審査。

このタイミングが道連れの可能性があるタイミング。

銀行により業種への理解は、全く異なります。

「公務員であるのに落ちた」

こんな会社員の体験者が多い大きな原因であるとも言われています。

つまり、過去の同じ業種の自営業者が滞納、遅延などを繰り返した銀行では、その業種を嫌う傾向が出る。

こうした自分ではどうする事も出来ない要素で、フラット35審査が自営業者に厳しいという結末が広がったのです。

では最後に、銀行選びの重要性と通すコツをご紹介していきます。

 

フラット35審査を自営業が厳しい中通過させるコツ

フラット35審査が自営業に厳しい中通すコツ

フラット35審査が自営業者に厳しい中、通すコツをご紹介していきます。

しかし、

この方法は、確実に5年以上の確定申告による書類上の準備を整えられた方が前提条件。

この条件を満たす方は、ぜひ通すコツとして積極的に活用してみて下さい。

フラット35審査を自営業が通すコツは銀行選びが最重要項目

先ほどご紹介したように、銀行による属性の相性が非常に重要になる自営業のフラット35審査。

よって、

「むやみに地元の理解がありそうな銀行に相談に行く!」

こんな事をしても、

「表向きの対応は良くても、結果は落ちた!」

という結末になりやすいのが現実。

よって、銀行選びは慎重に十分注意してください。

しかし、

「自分で探す時、こんな属性や業種への印象なんて調べられない!」

この問題の答えも私は持っています。

実際に住宅ローン審査に2度落ちた私が属性から紹介されて通った方法

この方法でなぜ自営業者がフラット35審査に通過する事になるのか?

この答えを最後にご紹介していきます。

フラット35審査通過を自営業者が勝ち取る難易度を知る!

実際に、住宅ローンの裏側という世界が属性による銀行選び。

こんなことを個人がいくら年数かけても見つかりません。

しかし、こうした情報も全く公開されていないかと言えば違います。

銀行の属性に関する情報を持つ機関を味方にする。

この点が、私が紹介してる方法が、自営業者をフラット35審査に通過するコツとなる理由。

中には、

・フラット35対応銀行の中では、厳しい回答が多い業種

・フラット35対応銀行の中では、どこでも扱える業種

どちらも存在すると思います。

1度しかないフラット35審査。

最悪の想定をして動くべきなのです。

ですから、

あなたのフラット35審査を受ける銀行は、正しい認識をしている第三者機関に教えてもらう方が通るコツになるのです。

ぜひあなたのフラット35審査を通過させるコツとして参考にして下さい。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧頂き有難うございました。

コメントを残す

このページの先頭へ