フラット35団体信用生命保険は必要なし!

フラット35審査に影響する可能性がある団信加入は必要ない根拠

フラット35に 団体信用生命保険は必要ない根拠

フラット35審査後における団体信用生命保険は必要ないと言える根拠をご紹介していきます。

フラット35審査に落ちた理由を調べるリスクについてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由は調べるな!

フラット35審査期間が長い悩みもご紹介しています。

フラット35審査期間が長いからこそ注意すべきこと

私のサイトは、フラット35審査に通らない,落ちたという方から不安を抱える方まで通りやすい方法や具体的な準備における注意点を体験からご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーです。

この記事では、私が実際に住宅ローン審査を受けてから団信を考えた過程の経緯を含めて、

フラット35に団体信用生命保険は必要ない根拠1.選択権

フラット35に 団体信用生命保険は必要ない根拠2.リスクの大きさ

フラット35に 団体信用生命保険は必要ない根拠3.保証対象の狭さ

以上の内容についてご紹介してますので、無事に審査通過を勝ち取るためにもぜひ参考にして下さい。

フラット35団体信用生命保険不要根拠1.選択権

フラット35団体信用生命保険必要なしの根拠

フラット35に団信の必要性が無い根拠として、まずは選択権があるのかないのか?をご紹介していきます。

フラット35審査の勘違いで多い団信加入意識

フラット35を選ぶ方は、堅実な方も多いそうです。

・数年後の金利の変動リスクを回避できる

・多少金利が変動などより高くてもそれ以上上がるリスクが無い

・じっくり返すなら正直金利が変わらない事の方がメリットが高い

将来性という意味での見解をリスクを最大限に回避したいという意識の強さが出やすいのも特徴。

しかし、この慎重さがあるからこそ、フラット35についての誤解も多いのです。

フラット35における団信加入は義務ではありません。

そして、団信加入に関して、メリットの大きさは正直少ないのが現実。

・団信に加入していれば万が一の備えも安心

こうした考え方がすべて間違っているとは言えません。

しかし、その万が一の可能性に対する備えの方が高く付く可能性が高いのが団信。

よって、本来の備えという見方を少し不安を強めすぎている方も多いのです。

 

フラット35に団体信用生命保険必要ない根拠2.リスク

フラット35団体信用生命保険不要の根拠はリスクの考え方

フラット35における団信加入の必要性が無いもう1つの見方は、リスク。

病気になったらという過程のリスクを私は伝えたいのではありません。

私が伝えたいリスクは、団信にも審査があるという事へのリスク。

・フラット35審査には通過したのに団信で落とされた

この影響力は正直、他の住宅ローン審査にも影響が無いとは言えないのです

健康上に問題があったという決断を下された対象者。

年収や年齢などに問題は無くても、健康面のりすくがある人。

こうした判断を下されやすくなる事こそ、住宅ローン審査通過という点での最大のリスクといえます。

よって、団信加入という入り口以前の審査に要するリスクの高さは正直影響が大きすぎます。

どうしても健康上の不安や将来へのリスクを考えるなら、こうした内容を含めて、事前の相談をしっかりした相手に持ち掛ける。

これが、私が団信加入の手続きよりも先にあなたにお勧めしたい方法となります。

・団信加入者の平均年齢は?

・団信加入者が対象となって住宅ローンを免除された状況は?

・団信加入以外に自分たちの将来の備えをする方法は?

こうした事を知ってからでも団信加入への決断は全くもって遅くありません。

ぜひリスクの高さを考えて慎重な判断をしておくことをお勧めします。

 

フラット35団体信用生命保険必要ない根拠3.保証対象

フラット35団体信用生命保険不要注意点保証対象

フラット35で団信加入をすれば本当に安心といえるのでしょうか?

・がんと診断されたら。

こんな言葉で、表現されてる団信に私は書面上の説明書きのあいまいさを見つけました。

団信の内容によっては、がんがすべて対象とは言いきれないのです。

具体的には、ステージ0は対象外

こうした内容もじっくり読むと疑問が出てくるのです。

がんと診断されたらすべてが対象になるのなら少しはまだ加入の価値はあるかもしれません。

しかし、がんの中でもステージは、1から4まであります。

よって、

ステージが低ければ治る可能性が高い。

だったら、治して住宅ローンは払ってもらう。

こんな内容も実は潜んでいるのが、団信。

何のためにあなたはフラット35で金利を少し高くしてもローンを通すんですか?

余分なお金を費やすのはもう終わりでいいのではないでしょうか?

こうした事をフラット35審査を銀行で申し込む時はほとんど教えてくれません。

何故か?

銀行の正規商品ではないからです。

理由も明確であり、銀行はフラット35審査申込みには非常に適当さが出やすい。

これが私が実際に、住宅ローン審査を体験した際に実感した話。

よって、

この記事を読んでいただいたあなただけは、損をしないフラット35申込みをして頂きたいと思います。

しかし、

あなたにはまず申込みを急ぐよりも的確な情報収集をすることをお勧めします。

私が過去にご紹介している

フラット35審査通過の最短ルート

にて、具体的な情報収集を信頼して依頼できるやり方をご紹介しています。

こちらの記事は、契約社員や派遣社員の方でも親身に対応してくれる会社です。

銀行ではなく会社である意味を含めて、興味のある方は、一度じっくりお読みください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後までご覧頂き有難うございました。

 

コメントを残す

このページの先頭へ