フラット35審査期間が長いからこそ注意すべき事

フラット35審査期間は致命傷になる可能性もある!
住宅ローンフラット35審査期間注意点

住宅ローン審査におけるフラット35審査期間は長い!

この事実を知る方は徐々に増えてきたと思います。

しかし、この情報だけを掲載しながら、金利を出して、1社のみ紹介してるような住宅ローンの実態を知らない人が多い現代。

フラット35審査に落ちた理由を調べるリスクについてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由は調べるな!

私のサイトは、フラット35審査に落ちた,通らない人には理由や原因で知るべき事。

今から通りやすい状況を考えてる方には、通過のコツや注意点をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーと申します。

ですから、この記事では私の住宅ローン審査体験を活かして、

住宅ローンフラット35審査期間が長いせいで背負う最悪の事態!

住宅ローンフラット35審査期間が長くても影響を受けない申込み方法

以上の2つについて、明確にご紹介しながら、フラット35申込み方法のリスクと回避方法をご紹介していきます。

住宅ローンフラット35審査期間長いリスク

住宅ローンフラット35審査期間の落とし穴

住宅ローン審査の中でも、フラット35審査期間長い

この意味におけるもっとも重要なリスクを多くの方は見向きもしていないのが現状。

この点について、特に年齢が35歳以上の方にこそ、確実に知って頂きたいと思いご紹介していきます。

他の銀行すら申込みできない事態!

たかがフラット35審査期間。

しかし、

されど審査期間と言わざるを得ないのが、この事実。

具体的にどういうことかをご紹介していきます。

35歳で住宅ローン審査をフラット35で申込みをした人がいます。

その人が申し込みをしたのは、35歳11ヵ月だとします。

フラット35審査のすべてが終わるのは、1か月は余裕でかかる事が多いです。

つまり、

この人がフラット35審査に落ちたと知らせを受けるとした最長期間では、36歳になってから。

この36歳という年齢が及ぼす影響力(リスク)は何か?

満70歳までの返済期間で完了条件の銀行ローンにおける住宅ローン審査全ての申込みが出来なくなりました。

この重さが解りますか?

つまりは、

フラット35審査期間が長い。

➔たったこれだけで、数社から10社以上における銀行ローン申し込みの可能性を失う事になります。

こんな理不尽な審査期間の影響をあなたは受け入れる勇気がありますか?

私には到底ありません。

「1社でも多く住宅ローン審査を通過させてから選ぶ。」

この意味が全く解っていない住宅ローン審査期間にだけこだわった記事が多すぎるのです。

私はこの実態に怒りさえ覚えました。

・住宅ローン審査期間が長い本当のリスクを知らせる事もしていない。

・住宅ローン金利がネットバンクが安いように見せて保証料無料の条件なども全く記載していない。

・住宅ローン審査における銀行の得意不得意も全く記載していないのに、2社程度だけ無作為に紹介してるサイト。

ネット上には、こうした審査についての情報があふれかえっているのです。

まさに、住宅ローン審査を知らない人がとりあえず紹介してるようなサイトが多すぎる。

こんな事実を私は見過ごすような性格をしていません。

断固私は、審査期間が長いという事実にあわせて今回のこのリスクを声を大にして伝えたいのです。

「じゃあどうすればいいのか?」

もちろん、この答えを含めて私が住宅ローン審査を体験したからこそ伝えられる情報があります。

 

住宅ローンフラット35審査期間長い心配不要

住宅ローンフラット35審査期間の影響を受けない申込み方法

私が実際に2社の銀行で住宅ローン審査を受けて落とされた時、本当に後がなくなった事態に陥りました。

その時知った方法が私の住宅ローン審査を見事通過まで導いてくれたんです。

この方法であればあなたは期間を気にせず申し込みが確実に出来ます。

住宅ローンを同時に進める事が重要

住宅ローン審査で変動固定と決定的に異なる点があります。

それは、最も重要視されるのは、土地や担保力評価額。

住宅ローン審査における銀行ローンで最も重要視されるのは、年齢。

この全く違う審査基準だからこそ、フラット35を優先したい人にとって、最初に受ける事はリスクを最大化させる可能性があります。

しかし、

銀行ローン審査と同時に審査すればどうでしょうか?

この場合のメリットは、逆の意味で最大化します。

・銀行同士を競わせるよりよい条件を引き出すチャンス。

・変動、固定を含めて複数社審査してるからこそプレッシャーがかかる銀行。

・同時申込みだからこそ、銀行ローンへの年齢も一番若い条件で提示できる。

とくに3つ目の年齢の条件は、銀行ローン審査には最後の砦とも言える切り札となります。

この条件を確実に満たす方法はほとんどのフラット35審査を調べている中では記載されていません。

何故か?

こうした発想を住宅ローン審査に落ちた人しか知らないから。

私はまさにその体験者。

そして、自分が住宅ローン審査を通過させてくれた方法だから。

私がこの記事やサイトを立ち上げている理由は、ネット上のあいまいな情報を一掃したい。

こんな思いも込められているのです。

具体的な方法を知りたい方は、私の姉妹サイトでご紹介しています。

フラット35を含めた住宅ローン審査を同時に申し込みする唯一の方法

にてご紹介してますので、あなたが住宅ローン審査をどこの銀行にするか悩んでいるならぜひ知って頂きたいのです。

正直、銀行ローンは、今月と来月で命運が変わる。

これが住宅ローン審査の実態です。

あなたに迷う時間があるなら、十分迷っていてもいいでしょう。

しかし、あなたは確実に通りやすい条件を遠ざけてしまうのも事実です。

悲しいかなこれが住宅ローン審査の実態。

私が救われたのも年齢がぎりぎりだった事で救われました。

次はあなたを救う番です。

あなたも住宅ローン審査期間を気にせず、決断できる環境を手に入れて下さい。

3 Responses to “フラット35審査期間が長いからこそ注意すべき事”

  1. ガクガク より:

    はじめまして。
    今まさにフラット35Sりそなから
    本審査中です。
    今で8営業日が過ぎました。
    そろそら結果が分かるかなとゆう時に保険証の一部が消えてると連絡があり主人に確認すると保険証自体の印字が交付年月日とその上の数字が消えていました。急いで再発行してもらってますがここでまさかの審査ストップです。
    職場に個人名で主人がいてない時に在籍確認もあり審査は今どのぐらいまで進んでるのでしょうか。
    また可能性はあるのでしょうか?

    • wpmaster より:

      がくがく様

      十分可能性はあると思います。

      今回のような件は決して意図的なことではありませんので、落ち着いて指示に従って

      手順をすすめていきましょう。

コメントを残す

このページの先頭へ