フラット35とはをわかりやすく概要説明!住宅ローン審査体験者ブログ

フラット35とは?で知るべき住宅ローンの仕組み

フラット35とは解りやすく解説

フラット35とは?という概要を知りたい方のために解りやすく全体像をご紹介していきます。

サイト管理人2児パパニッキーです。

この記事では、「フラット35とは?」を全体の仕組みと銀行ローンとの大きな違いについてご紹介していきます。

フラット35審査期間が長い悩みもご紹介しています。

フラット35審査期間が長いからこそ注意すべきこと

この記事内における概要は以下のようになっています。

「フラット35とは」をわかりやすくまずは知るべき項目をチェック!

「フラット35とは」をわかりやすく|銀行ローンとの決定的な違い

「フラット35とは」をわかりやすく|住宅はどこでも使えるの?

「フラット35とは」をわかりやすく|保証型の意味

「フラット35とは」をわかりやすく|金利の特徴

以上の内容について、まずは知っておくべき事の概要をご紹介していきます。

フラット35は銀行ローンとは全く違います。住宅ローンだという安易な間隔だけでは大きな落とし穴にハマるリスクも有りますので、じっくりご覧ください。

「フラット35とは」をわかりやすくまずは知るべき項目をチェック!

フラット35とはわかりやすく|概要

フラット35とは?について解りやすく解説していく中で、どうしても欠かせないのが、住宅ローン審査からの全体像。

そして最も重要なのが、最後には審査に通過する方法を必ず知るべき。

そのためには、必要な要素があります。

この内容を知る以外でも、これからご紹介していく要素をまずは覚えておく必要があります。

・銀行ローンと何が違うのか?

・住宅に関する条件

・保証型の意味

・金利の仕組み

最低限となる流れは、該当するかどうか?保証という言葉の趣旨、金利がどうなっていく事か?このような概要を知っておきましょう。

この仕組みを知った上で、審査について知っておくべき事は、後ほどチェックしてみてください。

では早速銀行ローンとの違いに関する概要からご紹介していきます。

 

「フラット35とは」をわかりやすく|銀行ローンとの決定的な違い

フラット35とはを解りやすく|銀行ローンとの違い

フラット35とは?を知っておくべき最も重要なのは、私的には、銀行ローンとの違いを明確に理解する事。

これが、住宅ローン審査を受けたからこそ、重要性を理解する必要があると言えます。

フラット35とはを解りやすく解説する銀行ローンとの決定的な違い!

フラット35とは?を知っていく上で最も重要なのは、銀行ローンといかが全く違うということ。

・フラット35とは審査機関は国における管理機関であること

・フラット35とは税収として扱われる金利であること

・フラット35とは銀行ローンと違い銀行の収益にはならない

・フラット35とは銀行ローンと審査基準は全く違う!

これらの特徴は、確実に抑えておくべき必要があります。

この中身に該当するのが、この先にご紹介していく、住宅対象、金利、保証型といった部分になるのです。

住宅ローン審査をフラット35で受ける意味は銀行ローンとは全く違う!

住宅ローン審査でフラット35と銀行ローンは個人で比較してはいけない

住宅ローン審査でフラット35審査に落ちた時理由は調べてはいけない

住宅ローン審査でフラット35で団信は必要ない

こうした要素も審査前に知っておくべきフラット35とは?には必ず必要になる情報。

1つ1つを正しい認識と安易な申込にしないよう十分注意をして頂きたいと思います。

 

「フラット35とは」をわかりやすく|住宅はどこでも使えるの?

フラット35とはを解りやすく住宅の特徴

フラット35とはを解りやすく解説する上で、知るべき事を順にご紹介していきます。

続いては、住宅における適応条件についてご紹介いています。

フラット35とは?住宅条件は審査あり!

フラット35を使うためには、木造住宅、マンション等における基準があります。

この基準については、以下のような手続きを要します。

1.国交省管轄の登録住宅性能評価機関の審査を受ける

2.設計住宅性能評価書、建設住宅性能評価書の2種類における審査に合格をする。

2については、長期優良住宅や認定低炭素住宅等が該当しやすい住宅となります。

3.耐久性、可変性、省エネ性能、耐震性、バリアフリー化等の性能評価が問われます。

この他に細かな点では、基礎の高さ、小屋裏のある住宅は換気システムの有無、床下換気、床下防湿性能なども問われます。

フラット35とは?住宅条件は審査ありの根拠

住宅ローンにおけるフラット35とは?を知っていく上で、なぜこのような審査を別に受けているのか?

この点を知ることで概要を知る事が出来ます。

フラット35審査は、あくまで住宅性能が重視される担保力を問われる住宅ローン。

そのため、フラット35には銀行ローンとは全く異なる審査基準が設けられているのです。

では続いて、保証型の意味についてご紹介していきます。

 

「フラット35とは」をわかりやすく|保証型の意味

フラット35とはをわかりやすく|保証型とは

フラット35とはを調べると、保証型という言葉も目に留まる方も多い。

国内サービスにおける保証と言うのは、実に言い回しで曖昧な事も非常に多いのも特徴。

そこで、フラット35とはにおける保証型の意味をご紹介していきます。

フラット35とはを解りやすく解説する保証型の対象

フラット35における保証型の保証の内容は何か?をご紹介していきます。

フラット35保証型とは万が一の支払いが難しくなった際の保証をしていると言うサービス。

つまりは、病気等に対する団信に加入する事と同じようなサービスと言えます。

その該当となる保証対象が病気なのか、支払いにおける事情の内容が違うケースなのか?

これが主に保証型とは異なります。

しかし、既にフラット35保証型の新規申し込みは全金融機関での新規申込を休止している状況。

よって、現状でのフラット35とは?を調べながらも、申込出来る機会は無いので、この情報はここまでとしておきます。

今後の情報の変化がありましたら、更新しながら、ご紹介していきます。

 

「フラット35とは」をわかりやすく|金利の特徴

フラット35とはを解りやすく|金利の違い

フラット35とは?という概要を知る上で、2016年の低金利政策を含めて注目される理由は金利。

フラット35の金利とは?をご紹介していきます。

フラット35の金利とは?いつが申込のメリットになるのか?

フラット35の金利は、年々減少傾向を見せています。

フラット35金利推移|今後の不安は?(準備中)

にて、これまでのフラット35金利推移や今後の予測を私なりにご紹介していきますので、もう暫くお待ち下さい。

この記事では、フラット35金利が下がるならいつが狙い目か?についてご紹介していきます。

フラット35とは?の特徴である審査の最も特徴的なのは、フラット35が住宅性能評価について非常に注視しているという点。

これはつまり、住宅性能に対する評価がより一層今後は厳しくなる事も見ていく必要があるのです。

2016年日本国内で起こった大きな震災として懸念される熊本大震災。

マグニチュード7という数字も見慣れてきた日本国内。

より一層新築の耐震性能評価は上がり続ける事は十分予想されます。

よって、

・住宅性能評価が切り替わる前にフラット35適応を受ける必要がある。

これが1つ目の問題。

2つ目は、低金利政策の打ち止めの懸念。

フラット35を中心として、ゼロ金利政策を打ち出した2016年直後からメガバンクは金利の引下げ後すぐに引き上げに乗り切りました。

この実態は、何を意味するのか?

こうした動きは、まさにサブプライムに近い現象回避や住宅ローン審査に通らない人の申込が増えた事も懸念材料と言えます。

よって、ゼロ金利政策が必ず借り入れ可能な人を増やすという事につながらない状況になった際は金利の引き上げも十分に見据えておくべき時代なのです。

ですから、

住宅ローンゼロ金利政策が適用されている間に申し込みをする

この点を含めて住宅ローン審査を受けるタイミングを考えておく必要があるのです。

住宅ローン金利は、フラット35を含めて水物。

この意識を持ちながら、申込が殺到する背景にある通らない人の増加に伴う政策の変化。

あなたがもし、住宅ローンをフラット35とは?にとらわれているのであれば私は考え方の返還を含めて調べ方を変える事を提案します。

 

フラット35とはを終えて最後にあなたに伝えたいメッセージ

フラット35とは?今後の住宅ローン審査選びのコツ

住宅ローンを検討する中でフラット35とは?は2016年の時代背景から注目されている。

この事実は今年年内は変わらないかもしれません。

しかし、土地の価格や住宅性能評価額は年々下がっています。

・土地の価格の下落

・2020年東京オリンピックに向けた東京都内土地価格のピークを超えた現状

つまりは、資産価値は徐々に減少傾向に見られるリスクが出始めている住宅市場。

あなたが住宅ローンを組む上で、銀行ローンとフラット35を区別して考える必要があることも解ったと思います。

しかし、この2つを共存させてあなたに最も条件の合う住宅ローンを選ぶ方法を知る。

これが今の貴方にもっとも重要な情報だと私は伝えたいのです。

あなたが思う住宅ローン審査への懸念や将来に自分がどう返済計画を立てていきたいのか?

人生設計に合う住宅ローンを探す。

このためには、個人が住宅ローンをいくら調べても見えない現実が多数潜んでいるのが審査。

ですから、

私は住宅ローン審査は、的確にあなたの味方となる第三者機関に相談する。

これが、一番の近道であると伝えたいのです。

私が2度住宅ローン審査に落ちた後、味方を手にして変動金利銀行ローン審査通過を勝ち取った方法

フラット35の申込方法で特化した第3社機関と連絡を取る方法

で、フラット35の視野を含めた具体的な住宅ローン審査通過の最短ルートをご紹介しています。

フラット35でしかローンを組む気がない人は、契約社員でも通せる方法として下のリンクを参考にしてください。

あなたが真剣に今住宅ローン審査を通過させたいと願うなら、興味があれば御覧ください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

 

One Response to “フラット35とはをわかりやすく概要説明!住宅ローン審査体験者ブログ”

  1. ogc nice shirt より:

    wow, awesome!

コメントを残す

このページの先頭へ