フラット35デメリットが招く最悪の事態!

フラット35のデメリットは団信とか手数料以前の問題!

フラット35デメリットは審査にこそ潜む

フラット35にデメリットはあるのか?

この点について、あまりにも審査通過後のことばかりに目が向いている人が多い現代。

しかし、問題は審査通過までの過程が一番注意しなければいけないこと。

フラット35審査に落ちた理由を調べるリスクについてもご紹介しています。

フラット35審査落ちた理由は調べるな!

審査期間が長い悩みについてもご紹介しています。

フラット35審査期間が長いからこそ注意すべき事

私のサイトは、フラット35審査に落ちた,通らない結果をもらった人。

これから事前の準備を整えておきたい人。

いずれにも、通りやすい条件を考えるコツや固定、変動などとの違いを含めて各記事で体験をご紹介しています。

サイト管理人2児パパニッキーです。

この記事では、フラット35のデメリットについて審査を対象に、

フラット35デメリット|最大の注意点が見落とされている!

フラット35デメリット|私がフラット35審査を受けられなかった事情

フラット35デメリットは銀行ローンと何を比較すべきか?

以上の内容について、住宅ローンの本質を見ていく上で重要なデメリットの着眼点についてご紹介していきます。

フラット35デメリット|見落とし注意点

フラット35デメリットを見抜く注意点

フラット35のデメリットをあくまでも以下の項目にとらわれていませんか?

・手数料が高い

・適合証明書類が必要

・事務手続き費用が高い

正直、こんな事はあなたの住宅ローン審査を通過させる一過性のリスクでしかありません。

しかし、フラット35について紹介しているサイトの多くは、

・事務手続き代行をしたい業者

・指定した1つの銀行金利が安い事だけを宣伝する

・金利を見せて安いところを紹介する

こんな中途半端な情報ばかりが掲載されているのが実態。

この最大の理由は、フラット35の情報をお金儲けの道具にしようとしてるだけだから。

では私はどうなのか?

私は、実際に住宅ローン審査に落ち、苦しんでたどり着きました。

だからこそ、体験したことがあります。

フラット35を選びたくても選べな買ったリスクとの葛藤があるのです。

結果、フラット35は教えて頂いた情報からは申込が難しい条件が見えてきました。

この点をデメリットとして、この記事をご覧の貴方にお見せしておこうと思います。

 

フラット35デメリット|受けられない人

フラット35デメリット30代体験記

フラット35を実際に住宅購入児私が選択出来なかった事情についてご紹介していきます。

30代半ばでフラット35審査に迷い決断出来なかった実態!

フラット35は、確かに魅力的でした。

・子育て中に金利変動のない安心感

・オール電化、長期優良住宅なら通りやすい?と言われてた営業からの説明

・金利が確かに安かったと感じた事

こうした事は全てメリットでしたし、実際に使いたいと思う時もありました。

しかし、

私は住宅ローン審査を受ける年齢が35歳でした。

つまり、35年の住宅ローンは、満70歳の銀行でボーダーという状態。

さらに、誕生日間近となっている状況で、もう猶予が無かった状況。

こうした中で、フラット35に要する審査期間は致命的なダメージになりかねませんでした。

根拠は、私が使いたかった銀行ローン候補も同じく満70歳適応だったから。

比較していずれかに申込をする。

この発想しか無かった当時の私には、時間も気持ちの余裕もありませんでした。

「少しでも期間を短く多くの銀行等に申込出来る環境を残す。」

当時の私はこの決断のために、銀行ローンを選ぶしかありませんでした。

今思えば、この時私自身が複数同時申込可能であることを知っていたらこんなことは無かったのですが。

結果的には、申込をした銀行ローンも落とされ、また再スタートだったのです。

もし、フラット35を30代半ばの年齢で迷っている方にこそ、要注意と伝えたい。

フラット35と銀行ローン選択の幅が最もあるのは、30代半ばが限界。

この言葉こそ、私がフラット35をすぐに申込出来なかった最大の理由となったのです。

 

フラット35デメリットと銀行ローン

フラット35デメリットと銀行ローンデメリット比較のポイント

フラット35デメリットを明確化した中で、銀行ローンにも当然あるデメリットと何を比較すべきか?

についてご紹介していきます。

フラット35のデメリットの大半は致命傷程大きな問題ではない!

フラット35は、デメリットを抱える部分も当然あります。

例えば、冒頭でお話したように、

「事務手続き費用はムダに高いです(公的機関である為の外注費が高い)」

こうした内容は大した問題では無いのです。

逆にローン審査に通過したら、繰り上げ返済手数料無料であり、保証料も無料。

この条件で、十分カバーできる差額であることは間違いないのです。

フラット35でデメリットと思われがちな金利が安い銀行と比較した場合

年率0.75%の住宅ローンと年率1.2%の金利は、3000万円におけるシミュレーションを実際に御覧ください。

0.75%金利の支払総額は、34,118,671円

1.2%金利の支払総額は、36,754,301円

実質的な負担金額差額は、2,635,630円

この差額は大きいように見えますが、あくまで0.75%は今後5年おきの見直しが確実に推移すればの話。

仮説における精神的ストレスを車1台分位の価値で買える。

これがフラット35のデメリットにおける正しい解釈だと私は最近思うようになりました。

実際に私は住宅ローンを銀行ローンの変動金利で組んでいるので、この精神的ストレスを繰り上げ返済でカバーするしかありません。

じっくりゆっくり住宅ローン減税を最大限に活かせる支払い方法を選んだ結果。

高デメリットの1つ1つを考えてみてください。

殆どの金額の差額は、あなたが今後の住宅購入以外に要する諸経費や必要な家計と合わせれば大きな影響はありません。

大切なのは、あなたが情報に惑わされず、少しでも可能性のある住宅ローン選択肢を用意しておくこと。

この点を私は、フラット35デメリットの最大の問題を合わせながら、この記事でご紹介したかったのです。

問題は、情報の何を信じるか?

今の時代はこの方がデメリットの正しい理解に必要になってきていると思います。

だからこそ、個人で調べる限界を知り、外部における貴方の味方になってくれる会社を知る。

ここから正しいスタートがあると私は痛感したんです。

私がフラット35を含めた住宅ローン審査を相談した会社の全貌

にて、フラット35を含めた総合的な住宅ローン相談を無料で受けてくれる会社をご案内しています。

興味のある方は御覧ください。

この記事でご紹介したかった内容は以上となります。

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

 

コメントを残す

このページの先頭へ